小笠原諸島父島の個人所有の土地と建物両方の鑑定評価でした。
船に揺られて25時間半、そこは東京の亜熱帯。
現地調査した時期は2月、半袖。周辺の海はザトウクジラが回遊していました。
父島は、所有者不明も沢山あり、宅地として利用できる土地は非常に少なく、離島レベルとしては地価が高い水準となっています。坪30万くらいです。中には50万くらいで取引される場合もあります。
資材運搬、労働者も東京竹芝から運ばなくてはならず、軽量鉄骨造りの建築費が180万/坪と非常に高額です。

鑑定概要

依頼目的 担保価値把握のため
評価条件 現状有姿
価格時点 平成29年6月30日
価格の種類 正常価格
種類 住宅地/自用の建物及びその敷地

土地

所在・地番 東京都小笠原村父島字○
地目 宅地
地積(㎡) 120.64

建物

建築年月日 平成24年3月
用途 居宅
延床面積 123.84㎡

取引事例も下記のとおり、収集しました。いずれも父島内の宅地です。

取引事例名称 事例A 事例B 事例C
所在 父島字○町 父島字△町 父島字●町
類型 建付地 更地 建付地
取引価格(単価) ●●,000円/㎡ ▲▲,000円/㎡ ■■,000円/㎡
形状 略長方形 略長方形 事略台形
基準容積率 200% 200% 200%
接面道路 東○m 西○m 南東○m
最寄駅からの距離 二見港○○m 二見港○○m 二見港○○m

離島でも取引事例は沢山ありました。

こうした離島、中には「硫黄島」や「尖閣諸島」にも現地調査を行った不動産鑑定士の仲間もいますよ!